5月5日のCOMITIA96(T 02a)に売り子で参加します。

5月5日のCOMITIA96にMushlineの売り子で参加します。

スペースはT 02aです。

場所:
東京都江東区有明3-11-1 『東京ビッグサイト』東1・2ホール, 東京ビッグサイト内交通アクセス, 館内案内
日時:
2011/05/05 (Thu), 11:00-16:00
スペース:
T 02a, pixiv 内配置図

当日はイラスト集 “MUSHMIX#1″ と、ポストカード十数種、あと次回の薄い本の予定(全年齢対象オリジナル BL 漫画本)の無料配布ペーパー、無料配布ポストカードあります。

コミティアに寄られる方はぜひー。

ちなみに本人はいらっしゃいません><

どの作品もかっこいいものばかりです!無料配布もあります。

よろしくお願いします。

ワープアトナカイ供養祭ことジビエ祭オフ

アタゴール外観、野菜たち

はじまりはIRCでの会話より。(一部抜粋)

yuzuho> ジビエいいなあ〜><ジビエ欲が。
Luxin> いくがよい
Luxin> ちなみにアタゴールは来週辺りにトナカイ入るそうだ:)
halt> サンタさんがこれなくなってしまう!
Luxin> 店の人「まぁ、もうクリスマス終わりましたし……」御役御免!(実話
yuzuho< トナカイたべたい!!!
yuzuho< はるたんトナカイ><
halt> サンタさんにおねがいしなさい
Luxin> 恵比寿ジビエオフでもやるかい?w
budou> 悪くないなw
budou> お役ご免になったトナカイを供養する会
halt> ワープアトナカイ供養会!

如星さんのエントリー【アタゴール@恵比寿:ジビエという肉の歓び】に触発されて話したつぶやきからはじまったわけです。

冬の風物詩であるジビエ。

狩猟解禁時期によりこの時期を逃すと食べられないということで思ったが吉日、いってまいりました。

ジビエに釣られたメンバーはなんと総勢9人。

yuzuho halt macho muscle budou luxin poco mayuki fukuda

(一部名称がおかしい人がいますが気にせず)

如星さんに恵比寿のA Ta Gueule(アタゴール)へ行ってまいりました。

店の軒先には……これぞ、冬の風物詩!熟成中のジビエ様が。

熟成中のジビエたち

他にも、きのこや野菜などが並んでおります。天然の冷蔵庫ですね……

きのこたち、ジロール(杏茸)など 野菜たち

15席ほどの小さなお店。

キッチンもすぐそばで、いい香りがすでにしております。

昼の13時に予約したのでランチなのですが、たっぷり3時間ほどかけて、がっつり食べてきました。

アミューズ、オードブル、メイン、デザート、パンとコーヒーといったコース。

オードブルとデザートを抜かしたものなど、3種類ほど選べます。

まずは泡で乾杯。

アミューズとして、ピクルスとサラミ、そしてパンにつけあわせがイノシシのリエット。

イノシシのリエットとピクルス

いきなりイノシシとはいいジビエコースの予感!

オードブルは、私は「蝦夷鹿とフォアグラのテリーヌ 鎌倉野菜達と」をセレクト。

これが……肉をかみ締めてるという喜びを感じさせてくれる一品。

蝦夷鹿の部分の脂身のないがつっとした赤い肉に、フォアグラのやさしい濃厚さがマッチして、とてもおいしい。

そして添えてある鎌倉野菜がうますぎる。あれ、野菜ってこんなにおいしいんだ。と実感させてくれます。

生のにんじんに愛着なかったのですが、いやみじゃない自然な甘みがとてもおいしい。びっくりです。

蝦夷鹿とフォアグラのテリーヌ 鎌倉野菜達と

ちなみに、オードブルの前に、+2500円でスペシャリテを追加することも可能。

ぶどうさんは下の「”マリアカラス”フォアグラ、トリュフ、コンソメのアンサンブル」を追加しておりました。

これがものっそいいい香り……。目の前で黒トリュフ削ってくれるしね。

”マリアカラス”フォアグラ、トリュフ、コンソメのアンサンブル

他の人たちの頼んだメニューについてはFlickrの090124 A ta gueule(アタゴール)を五ランクだしあ。

次にメイン……の、前にお口直しの花梨のシャーベット。

これがうまい!!さっぱりしていて後味が残らず、リフレッシュしてくれるのにさわやかな甘みとうまみが。

カリン?と聞いた真雪ちゃんに本物を見せてくれました。綺麗な黄色ですね!

お口直しの花梨シャーベット 花梨

さてメインです。

メインは、いくつかのメニューのなかから選ぶののほかに、+時価でジビエを堪能できます。

なにが入荷しているかはそのときによって違うので、行きたい方はお問い合わせを。

今回は、北海道のトナカイと、ピレネー山脈(スペイン領側)のベカス(ヤマシギ)が入荷しているとのこと。

トナカイは北欧などでは割と食べられますね。あとは北海道の蝦夷鹿がわりと増えすぎている分を狩猟して食べることも有名ですが。

ベカスはジビエの女王(ジビエの王はリエーヴル(野うさぎ))などといわれるほどで、数が少なく、本家フランスでは禁猟となっており、すばしっこいことから狩猟も難しくて貴重です。

私はベカスを、旦那ちゃんはトナカイをと選び、お互いに一口づついただくことにしました。

ベカスは、調理中にぶどうの葉をつつみ、フォアグラを乗せてフランベしているところを見せていただきました。

ベカス(山シギ)

いい香りです!どうぞ写真とってください、と気さくに言ってくださり大興奮でシャッター切りました。

そしてでてきたのがこちら。

ベカス(山シギ)のロティ アンチョビソース

ベカスのロティ、アンチョビソースといったところですか……正式名称は聞きそびれました><

ムネ、モモ、ササミ、セルヴェル(脳みそ)と部位にわけてそれぞれマッチする野菜が添えられております。

モモにはかぶが添えられ、ぶどうの葉の塩漬けをぱりっと焼いたものがかぶさっており、手でちぎって食べながらという感じ。

ササミにはサツマイモをフランベしたもの。これも甘みがたっぷりでおいしい。

セルヴェルの上にはフォアグラ。小さなスプーンですくって食べます。

さすがジビエの女王です。しっかりとした野性味あふれるお味。さいずは小さいのにも拘らず、これこそ肉食べてる!!!という感じです。

部位ごとに楽しめる感触などが違い、おもしろい。

半生にロティされているのに、においもくさくなく、複雑に作りこんだソース(おそらくベカスの内臓もはいってるはず)とすばらしいバランスで本当に幸せをかみ締めました。

旦那に一口もらった「北海道産”トナカイ”のロースト”ガスコーニュ”風」も、野生というかんじの脂身のない赤みのがっつりとしたお肉がおいしい。

北海道産”トナカイ”のロースト”ガスコーニュ”風

こちらもフランス料理ならではの複雑な味のソースがすごい……やっぱフレンチすごいよ!という感じです。

上にのせてある黒キャベツもおいしい。

他の方は秋田うさぎなど、いろいろ味わっており、ソースだけパンでぬぐわせてもらったりといろいろ楽しみました。

デザートは絶対はいらないよー!!といってたくせにすみません。普段別腹がない私もついついメニューをみてしまうと……

「フォンダンショコラ、バナナフランベ風味 ピスタチオアイス添え」と、デザートワインの赤「バニュルス」をいただいちゃいました……

フォンダンショコラ、バナナフランベ風味 ピスタチオアイス添え デザートワイン

うまい><

ピスタチオのアイスがきちんとピスタチオ味でうまい……とろっとしたフォンダンショコラとマッチングしていてうますぎる。

バナナのフランベもおいしい。

そしてバニュルスの甘いけど深い大人味がショコラとベストマッチング!

そういえばマッチングばかり話してるけど、思ったのですが、フレンチっていろいろな食材だったりスパイスだったりがいろんな形でマリアージュしてできてるんだなーと改めて実感。

うまい。

他の子の食べたデザートなどもつつきつつ、最後までじっくりと堪能しました。

本当に至福の喜びだなあ。そして私はやっぱり、こういったがっつりとした味+複雑な味が好きなんだなと改めて感じました。

フレンチ大好き。自分で作れない味だしね!!

アタゴールさんにはまた行きたいと思いました。

ちなみに食べていると窓の外にぶらさがるジビエさんたちがきになってきになって……

店の中かららぶら下がるジビエを見る

たいへんおいしそうです。

ちなみにぶらさがってるのはマガモと雷鳥。雷鳥は来週たべごろだそうで、貴重なものだそうです……じゅるり。

誕生日当日会社にて

誕生日当日は有給でもとろうかな?と思っていたのですが、給食当番(通称。たんなる昼休みの電話当番)だったので休まずに出勤。

うちは、朝礼時に誕生日の人がいると発表+一言スピーチがあるのです。

そのため、なんとなくの習慣で、ヤクルトおばちゃんやオフィスグリコなどからなにかしらちょこっとしたものをプレゼントする風習があるのですが……

ヤクルト祭り

やりすぎwwwwwwwww

ヤクルトだけで7×4+1とかあるよ。

他にも、かっぷうどんとかいろいろ。

一部会社で消費しつつ、家にもちかえりました。

下はプログラマのCちゃんからいただいた銀のぶどうの白ららオムレット。

彼女とは誕生日が近いのでお互いにw

もともと白ららは大好きで、オムレットタイプはじめてなので幸せ!

おいしくいただきました。

銀のぶどう白ららオムレット

萌え男子代表のプログラマのTマネージャーからはユーハイムのチョコがけバウムを。

さらっと用意してくれててびっくり感激しました。

ユーハイムのチョコがけバウム

マクロス仲間でドール仲間のプログラマのGくんから加工肉とチーズのセット!

これがツボな内容で。憧れの冬の王、モンドール様や、スカモルツァ、フルムダンベール、プロシュート、サラミなど。

ジャンルとしても内容としてもツボをついてきました……。

チーズ王国セット中身

管理のHマネージャーからはアンリのフィナンシェ。

ここのフィナンシェ好きですよねー。いつも迷惑かけてばかりなのにすみません><

アンリ・シャルパンティエのマドレーヌ、フィナンシェ

同じく管理のIさんからおもしろお菓子セットw

このセレクトがおもしろい。

食べるのが楽しみです。

スイートポテト餅とこんぶキャラメル

デザインのHちゃんからはかばのチョコw

去年は実はカメのチョコをいただきました。

きもかわというかむしろかわいいw

かばのチョコ

デザイン・編集のOくんからはトリュフちょこ。

箱におめでとうメッセージがついています。

お菓子好きな子なのできっとおいしいセレクトなはずv

とろけるトリュフ

前同じ部署だった宣伝のKリーダーからはちょろQの京浜東北線ジオラマwww

「最初ガンプラにしようかなーと思ったんだけど色気ないからちょっと色気だしてみた」

って色気ねーーー!!!wwww

ジオラマは組み立てるのに時間かかるのでとりあえず走らせてみたけどすごい。操作難しい!

ちょろQ_QTRAIN

あと、仕事ではないですが、誕生日当日にHちゃんがバースデーカードを送ってきてくれました。

女子力全開のかわいいカード。

ファッション系アクセサリがついててかわいいです。

バースディカード表

みなさんありがとうございます!!

個別でそのたびにお礼はいいましたが、改めて記録して、感謝したいと思います。

これって、がんばって仕事しろよ、というプレッシャーですよねwwwwww

がんばります><

神肉誕生日パーティ

神肉

肉食べにいこうぜ!というところからよく遊ぶ宴会メンバーと焼肉にいってまいりました。

西日暮里にあるいつもの某焼肉屋です。

たんなる焼肉と思っていたのですが、いってみると……

がらがら、と引き戸をあけると、予約してあったので6人入れるように2つテーブルがセットしてあり、その奥の席になぜか雪森先生の絵が。

「あれ、いつのまにか絵とかお店に寄贈してたんだ。本当に肉好きなんだなあ、雪森先生は」

とか素で一瞬思ったのですが、よくよく見てみると……私の名前と、私の似顔絵。

サプライズで誕生日パーティを企画してくれていたのでした。

yuzuho似顔絵

うわあああああうれしい!!

美化1000%w

芸も細かく、私がしてそうなピアスをしてたりとかいろいろ。

裏にはみんなからのメッセージ。

http://diary.sins.jp/anubis/blog_write

ありがたいです……。

そして肉の宴会はじまり〜。

みんなでわいわいしながらいつもの神肉ことカルビですね。

あと予約しないと食べれないことが多い生レバー刺身。

カルビ 生レバーの刺身

他にもタンやハラミなどなど。

やっぱり神肉はいいねーともりもり食べて満足したころ。

なんと、ケーキも用意されてました。

ル・パティシエ・タカギのケーキ

みなさん早めに集まって、用意して、席を用意したりケーキを用意してくれていたのでした。

その他にも

Kにゃんからはお花を。

おうちのリビングにかざっております!カラーリングが好み。

ブーケ

そしてN兄さんからは彼の得意料理であるカレーを。

これがしょうがやにんにくがきいていてうまいんですわ。

冷凍したものをいただいたのでごじつ食べました。

奇跡カレー

Sちゃんからはバスソルト。

ちょうどこの前のペニンシュラでバスソルトいいなあーと思ってたのでうれしい!薔薇の香りのものです。

実はこれ以外に用意していたネタものがあったようですがまにあわず。

薔薇のバスソルト

そして、すでに前祝してもらっていたはずの旦那ちゃんからは欲しかったディオールの指輪をいただきました!

前に雑誌でみかけて、アンティークな飴玉みたいなフォルム、ディオールっぽくないデザインが気に入ってて欲しいなーと思っていたやつです。

銀座のブティックで恥ずかしさをこらえて買ってきてくれたそうで……

Christian Diorのリング

みんながいろいろ考えてくれた時間が本当にうれしい。

どの企画やプレゼントも、私のツボをつくような、本当に私のことを考えて用意してくれたんだな、と感じるものばかりで本当にうれしかったです。

このいただいたものをいろんな形でお礼ができればいいな!と思いました。

これからもよろしくお願いします。

le nougat(ビストロ ヌガ)

ペニンシュラから近いといえば、日比谷ですが、銀座も歩いてすぐです。

とくに丸の内線を常用している私たちは、丸の内線銀座駅はどっちかというと有楽町・日比谷よりなので馴染み深い。

以前はよく銀座ではCLUB NYXに通っていたのですが、現在は移転して店の名前も変わりましたので、かわりに銀座で使えるビストロを探しておりました。

そこで食仲間である如星さんからのオヌヌメで行ったのがle nougat(ビストロ ヌガ)

お店の人におまかせ、という感じで食べてきました。

どちらかというと肉系大好き、あと量がそんなに2人とも食べられないといってあとはおまかせにしたのですが……。

まずはスパークリングで。

最初に出てきたのは本日のスープ「レンズ豆のポタージュ」

DSC_8609

これがいきなりダイレクトに好み。

さすがフレンチ、がつんと味が濃厚。けどしつこくない。

このトロッとしてて、泡がすこし立っている感じがポタージュだよね><

上にあるかりっかりのベーコンが香ばしさをプラスしていてよい。

次にフォアグラのテリーヌ。

DSC_8611

半分こしてもらっているので濃厚でもちょうどいい量。

旦那ちゃんは好みだったらしく、もっと食べたがっていましたが。

ドイツ風の酸味のあるパンにマッチングします。

次の魚にあわせて白を。

DSC_8616

ハーブを使った魚料理にあわせて、料理の邪魔をしないハーブ風味のものを。

これがマスカットをつるんと剥いて食べたようなさわやかなフルーティさがおいしい。

めずらしく旦那ちゃんがくいくい飲んでおりました。

次に本日の魚料理「黒磯のグリエ ハーブ塩」(正式名称は忘れた)です。

DSC_8621

黒磯はシンプルにオーブンで焼いたもので、上にレモンとハーブのはいった岩塩をふりかけて食べます。

骨はあらかじめギャルソンがはずしてくれていてその写真。

これがまた美味。いくらでも食べられちゃう〜!

素材の良さをシンプルに味わえました。

次にくる肉料理にあわせてこれも赤を。

DSC_8628

これはミディアムボディくらいだったかな?

これも料理にぴったり。鴨のあぶらにフィットしていました。

さて最後におすすめの「シャラン鴨胸肉とオリーブのロースト」。

DSC_8631

これがーやばいーー!!

外側かりっとしてるんだけど、中はかなりのレア。

そして鴨から出た肉汁をつかって煮詰めてつくったソースが美味。

「パンにつけて食べると最高ですよ」とにやりと笑ったギャルソンにこちらもにやり。

もちろんやりますとも〜〜!とそれがまた……その。鉄板にこびりついた一番おいしいところですよ、ええ。こそげとって口に入れる。至福であります。

と、つい調子に乗って食べていたら満腹すぎるようで。

デセールとかにたどりつけませんでした><。

私たちにはちょうどよかったようで……

やはりフレンチががっつり食べるのがよいですよね。

ちまちまやりたくない。

ちなみにこのお店、かなりリーズナブル。お店の雰囲気もライトで、さくっと入れて家庭的。

これぞ基本を押さえたフレンチという感じでオヌヌメであります。

また行きたいな〜♪

Dansette